メイン

栗原不動産にこ゛相談くた゛さい

栗原不動産にこ゛相談くた゛さい

人生において一番高額な買い物になるだろう不動産の購入。

そんな不動産を専門的に取り扱う私たちにしかできないことも多くあると考え、栗原不動産では、単なる“不動産を販売する会社”ではなく、 住宅ローン相談、不動産相続、不動産活用、賃貸経営者応援セミナーなど、

不動産に関するいかなるお悩みにも寄り添う取り組みを行っています。

 

その一つとして「住宅ローン返済救済窓口」を開設いたしました。

 

人生の中で大きな買い物であるマイホームの購入。しかし、住宅を購入したのにローンの返済が困難になってしまった、返済の見通しがつかなくなった、またはすでに滞納してしまった。想定していなかった様々な理由で住宅ローン返済が困難になることは誰しもに起こりうることでもあります。

不動産のお悩みを一人て゛抱え込んて゛いませんか?

不動産のお悩みを一人て゛抱え込んて゛いませんか?

病気やケガ、親の介護、転職での収入減少、離婚…、例えば新型コロナの流行で社会の動向が大きく変わり、都心ではコロナリストラが発生したことなども、誰もが予測も想定していなかった出来事です。このように想定していなかった様々な理由でローンの返済が困難に状況に陥ってしまう可能性はゼロではありまあせん。

 

返済の見通しがつかなくなった、今の時期だけでも減額したい、またはすでに滞納してしまっている。このようなお悩みをお持ちの方は栗原不動産にご相談ください。また、万が一の時のためにも、「住宅ローン返済救済窓口」の存在を知っておいていただければと思います。

 

「秘密厳守」「無料」でご利用いただけます。もちろん他社で購入された方、県内外からのご相談も、匿名で、個別で、不動産のプロがお悩みをお伺いします。

イメージイメージ

早期相談か゛解決への近道て゛す

ローン返済のお悩みには早いうちの対策が重要です。

ご相談はお早い程、解決策の選択の幅が広がるため、早期のご相談が現状を抜け出すための近道となります。

もし、このようなお悩みをお持ちの方はぜひお早めにご相談ください。秘密は必ず厳守いたします。

お悩み例お悩み例

ローン返済対策をこ゛提案します

ローン返済対策をこ゛提案します

返済金額や期間の調整、住宅に住み続ける・手放すなど、状況に合った対策はもちろん、

以下の対策案などから可能な限りご要望に近い形で解決の道を探します。

返済の見通しか゛つかない返済の見通しか゛つかない

返済期間の延長

銀行と交渉し住宅ローンの返済期間を延長してもらう方法。

返済金額の軽減

収入が減少している一定の期間に対し、返済額を猶予してもらう方法。

自宅の貸し出し

自宅を賃貸にし、賃料収入でローンを返済する方法。

定期借家契約のため、契約の更新を止める事で 再度自宅に戻ることが可能です。

すて゛に滞納しているすて゛に滞納している

リースバック

自宅を売却、購入者と賃貸契約を結び、毎月家賃を支払うことで、 家を立ち退くことなく返済をする方法。

任意売却

不動産会社などを通し自宅を売却する方法。返済不能となり競売にかけ られるより、高値で売却することも可能な方法です。

個人再生手続

将来的に収入の見込みのある人で借金の金額が一定金額以下の場合、 借金の減額等を通じて自己再生を図る制度。

自己破産と異なり住宅を手放さずに手続きが可能です。

住宅ローン返済救済窓口

住宅ローン返済救済窓口

栗原不動産では、安心・安全・しあわせな家づくり、住まい探しをお手伝いしています。

しかし、万が一の時のためにも、「住宅ローン返済救済窓口」の存在を知っておいていただければと思います。

 

実際に、住宅ローンの返済に困ったとき、どこに?誰に?どのタイミングで?相談したらいいか迷ったり、直接銀行に相談することを躊躇する方もいらっしゃると思います。

 

しかし、一人でお悩みになり、より悪い状況になる前にご相談いただくことが解決への近道です。

お悩みの方はどうぞお早めにご相談ください。

 

ご相談は随時承っております。メール、お電話でご予約頂けると幸いです。